その他研究開発(共同研究等)

実海域におけるLNG船の運航ガイダンス作成に関する研究開発

研究実施期間:2015年11月13日 ~ 2017年10月31日

共同研究者

国立大学法人横浜国立大学
株式会社MTI
国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所

研究の概要

 天然ガスの需要増にともない、LNG商船隊の拡充が進められている。また、FLNG用シャトルタンカーやガス燃料船などLNG船の運航に係わる検討の重要度が増している。なかでもスロッシングの問題は大規模な構造損傷や火災事故につながる可能性があり、運航者の立場からの評価方法の確立が重要と考えられる。本研究では実海域におけるスロッシングを考慮した運航ガイダンスの検討を行った。

研究成果報告書

その他 特記事項